スマートフォン修理に関する基礎知識

スマホの修理と大切なデータ

スマホを修理に出す時は、個人情報保護の為に内部にあるデータを全て消去する必要があると言われる場合があります。
しかし中には電話帳だけでなく、画像や動画、さらに音楽なども色々と入っていて、それが消されてしまうと困るという場合も少なくありません。
しかし、そういう場合でも内部データは修理の間の代替機に移行させる事が出来るので、それほど心配する必要はないと言って良いでしょう。
しかし、スマホの調子が悪い場合などは、そういったデータが移せなくなってしまっている場合もあります。何度チャレンジしてもエラーが出てしまったとか、何度行っても同じものしか移せないという事にもなりかねません。場合によっては画像は無理で、電話帳だけは移せるという事もあります。
そういう場合でも、内部にある物はSDカードなどに移す事が出来るので、まずは外部に移すところから考えていくと良いでしょう。
ただこの方法は修理に出す時に電源が入る時に有効と言う場合もあるので、できれば普段から壊れてしまった時の為にバックアップを取っておく事が重要です。

アプリをインストールしたままでスマホを修理する

アプリをインストールしたままで スマホを使っている人々の多くは、アプリを多数インストールしています。その他にも、撮影した写真や映像データなどをたくさん保存していたり、音楽を保存していたりします。
もし、スマホが故障した場合、修理をする必要がありますが、メーカーに修理の依頼をしますと、内蔵ストレージのデータを削除される事になります。ユーザーとしては、出来るだけデータを残しておきたいと考えており、そのような場合には、データを消去せずに修理を行ってくれる専門業者のメンテナンスサービスを使うのが良いでしょう。
国内には、このような専門業者が多数ありますので、必要に応じて利用する事が可能です。
ディスプレイを破損した時には、液晶ユニットを交換したり、水没事故に遭った時には基盤の中に水が入った際に極力部品を交換せずに修理を行える方法がありますので、データを消去せずに端末を直す事が可能です。
高度な機能を持っているスマホは、故障の具合によって直す時間が大きく変わってきますが、専門業者を活用する事で直す時間を減らせます。

Favorite

大阪 性感

最終更新日:2017/8/31